添削で指導、キャンパスで授業。通信制は’独学’ではない。

本学の学びの大きな特長は、通信制でありながら
キャンパスで教員から指導を受けるスクーリングが充実していること。
これは同じ志を持った仲間と交流する機会でもあり、
卒業後もSNSなどを通じて交流を続ける同窓生たちが数多くいます。

自宅で学ぶ[通信授業]

テキスト教材で学習

社会の変化や現場の動向を踏まえた最適な教材を準備。いずれの教材も1人で学習が進められるように丁寧に解説されています。

リポート・作品を提出

文書のリポートのほか、担当教員による課題に沿った作品の提出もあります。提出された課題は、担当教員が詳しく丁寧に添削、指導します。

リポート提出後、試験を受ける

学習成果を確認するため、筆記試験を課す単位修得試験が実施されます。試験は(本学)3月と9月を除き、毎月実施されており、本学のほか東京・名古屋・広島・福岡などでも受験できます。

大学で学ぶ[面接授業(スクーリング)]

キャンパスに通い、直接指導を受ける。

スクーリングではキャンパスで授業を受け、単位修得をめざします。その日数は学科・コースによって異なりますが、主に夏期(全学科対象/7月下旬~8月下旬)、冬期(デザイン美術学科対象/12月上旬~2月下旬)、春期(保育学科対象/2月上旬~2月下旬)に開講されます。内容は演習や実習が中心で、仲間と交流を深める機会でもあります。

授業内で試験または作品制作。

スクーリング最終日などに課題(リポート)提出や試験を実施。授業内で制作した作品の評価や試験の合格で単位を修得します。また、通信授業と面接授業を組みあわせた「併用科目」も設定。その単位修得には、通信授業だけではなくスクーリングでも合格する必要があります。

大阪芸術大学短期大学部ならではのスクーリングの特徴

夏期と冬期・春期 集中的に授業を実施 実践力が身につく|先生との距離が近い 初心者でも安心|規模が大きく施設も充実 一緒に学ぶ仲間が増える

大阪芸術大学短期大学部ならではのスクーリングの特徴